ABOUT

岡山県の片田舎で調剤薬局を経営しております。 患者さんは年配の方が多くて、薬局を始めたばかりの時は皆さんが持って帰る大きなレジ袋にたくさん入ったお薬を見て、 「私が歳をとったら、あんなにたくさんのお薬をもらうようになるのか」と悲しくなっていました。 でも、よくよく考えたら、お薬って諸刃の剣。たくさん飲めば飲むほど、副作用のリスクって大きくなるんですよね。 お薬を渡すだけではなく、患者さんのためにもっと私にできることはあるはずだ!と思って始めたのが食品や雑貨の販売です。 体づくりからちゃんとしていかなきゃ。 ちゃんとした食べ物、理解してもらわなきゃ。 そんな時に出会った、美咲町の後藤さんの野草は、私を癒すとともに、生命の根幹に重要な役割を果たすものでした。 食べ物の勉強をすると、どれだけ人間が野草の力を必要としているか、よくわかったんです。 体に良い食べ物をとり、体に良い飲み物を飲む。 悪いものを排除した生活。 そんな基本をみんなが大切にすれば、おのずとお薬の数は減っていくはず。 皆が笑顔で元気に過ごせるように、なかよし薬局の提案は、いつまでも続きます。 なかよし薬局 代表 中山智津子